Archive for the ‘スタッフブログ’ Category

五感で楽しむ企画in若狭高浜「青葉山ハーバルビレッジ」映画いただきます上映会&味噌づくり体験♪

2017-02-22

【五感で楽しむ企画in若狭高浜】

 

福井県は高浜町にある青葉山ハーバルビレッジにて味噌づくりを見て体験して「五感」で楽しむ企画が催されマス!

 

給食に使うみそを園児が自ら手作りする福岡市高取保育園の子どもたちを追ったドキュメンタリー映画の「いただきます」これから子どもを授かる方、子育て真っ最中の方、食育・教育関係者の皆様に見て頂きたい作品ですよ。

 

味噌づくりワークショップでは、若狭のお百姓「島光さん」を講師にお招きして、1.5kgの味噌を作るワークショップで味噌づくりを体験。添加物なしのMyインスタントみそ汁づくりで、作った味噌はお持ち帰り可能デス♪

 

virejji1

(写真はGoogle画像検索より)

 

【上映会と味噌体験の各種詳細】

 

◎映画いただきます◎

25日(土)9:00~10:30/13:30~15:00

26日(日)9:30~11:00/13:15~14:45

料金:高校生以上1000円・小・中学生500円(予約不要)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「いただきます」各90分を上映の後

短編ドキュメンタリー

「その後のはなちゃんのみそ汁GIFT」

追加で上映予定です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

itadakimasu2

(写真はGoogle画像検索より)

 

◎味噌づくりワークショップ◎

25日(土)10:45~12:15/15:15~16:45

料金:2500円(要予約)

みそ玉づくり体験(26日のみ)

26日(日)11:15~11:45/15:00~15:30

料金:500円(予約不要)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

若狭のお百姓さんが講師のワークショップ!

添加物なしのマイインスタントみそ汁づくり

作ったみそ玉はお持ち帰り可能です(10食分)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

miso3

(写真はGoogle画像検索より)

 

【映画いただきます上映会&味噌づくり体験】

 

開催日時・・・平成29年2月25日(土)26日(日)

開催場所・・・福井県大飯郡大飯郡高浜町中山2-4(青葉山ハーバルビレッジ)

営業時間・・・10:00~17:00(駐車場は8:30~44台利用可)

問合せ先・・・0770-50-9012(青葉山ハーバルビレッジ内ビジターセンター)

アクセス・・・舞鶴若狭自動車道高浜ICから約25分・JR青郷駅から車で約10分

 

今回の催しが行われる「青葉山ハーバルヴィレッジ」は、福井県嶺南地方における薬草の聖地として誕生しました。こちらでは、薬草やハーブ等500種類の有用植物が自生する青葉山麓にあり、ココロとカラダがいきいきと動き出すスポットとなります。元気と健康への新しい発見がお楽しみ頂けますよ。

 

福井県は若狭高浜町の中山地区にある「青葉山ハーバルビレッジ」は

美浜温泉「海のホテルひろせ(ひろせ旅館)」よりお車で約90分の場所でございます。

 

kanban

(写真はGoogle画像検索より)

 

若狭創り人!山口嘉七の舞台が「無料」にて小浜市まちの駅「旭座」にて開催デス♪

2017-02-18

【福井県は若狭小浜市の「今」は彼から始まった】

 

2017年2月26日(日)に、劇団久須夜による「若狭創り人」山口嘉七の舞台が、福井県は若狭小浜市の旭座にて、なんと「無料」で開催されマス!

 

鉄道・電灯・女学校・河川改修など、北陸福井県は若狭小浜市の「今」は彼から始まった・・・小浜出身の代議士「 山口嘉七」は、これまで地元のために力を尽くしてきたが、長年の支えであった妻 アイを亡くし、周囲の人からは気落ちしていると思われていた。

 

そんな時、雲浜村長と小浜町長が嘉七の元へ。北川・南川改修に力を貸してほしいと言ってきた。嘉七が返事を決めかねていたその時、横に寄り添っていたのは死んだはずの妻「アイ」だった・・・続きは舞台でネ♪

 

yamaguti2

(写真はGoogle画像検索より)

 

【劇団久須夜による「若狭創り人」山口嘉七の舞台】

 

◇開催日程・・・2017年2月26日(日)10:30~/14:30〜(2回公演)

◇開催場所・・・福井県若狭小浜市白髭111-1(芝居小屋 旭座にて)

◇料金詳細・・・入場無料

◇公演主催・・・劇団久須夜(gekidankusuya@jimdo.com)

◇お問合せ・・・0770-52-2000(小浜市まちの駅)

◇アクセス・・・JR小浜駅から車で5分/舞鶴若狭自動車道小浜ICから車で約15分

 

※イベント開催日は、旭座の見学は出来ませんので、何卒ご了承くださいませ。

 

福井県の若狭小浜市にある「まちの駅・旭座」は

美浜温泉「海のホテルひろせ(ひろせ旅館)」よりお車で約40分の場所でございます。

 

yamaguti1

(写真はGoogle画像検索より)

 

【若狭・賑わいの拠点「小浜市まちの駅」芝居小屋・旭座】

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

人が集い、笑顔が生まれた♪

 

小浜の今は、彼から始まった!

 

若狭創り人、山口嘉七♪

 

劇団久須夜、無料公演!

 

さあさおいでよ、まちの駅♪

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

asahiza

(写真はGoogle画像検索より)

 

名水百選「瓜割の滝」福井県若狭の「おいしい水」はいかが?

2017-02-15

【そもそも名水とは?】

 

そもそも名水とは、特に良好な水質と水量を保ち続けて古くから、土地の財産となってきた「湧水・地下水・河川」等を指すそうです。

 

その水質の良さから、茶の湯や酒造や稲作などで使われますが「名水」と呼べる水の明確な基準は存在せず、また必ずしも飲料に適する訳でもない様です。

 

1985年の3月に、環境庁水質保全局によって名水百選が選定され、また2008年の6月には新たに「平成の名水百選」が選定されたとの事ですよ。

 

meisui

(写真はGoogle画像検索より)

 

【福井県は若狭のおいしい水】

 

その清冷さでもって瓜をも割ると伝えられる福井の名水の滝、その名も瓜割の滝。北陸福井県は若狭町にて泰澄大師が開いた天徳寺(真言宗)の境内奥に広がる森の中、岩間からこんこんと湧きいでる名水は、滝となって流れをなしております。真夏でも変わる事なく水を生みだすこの森を、人は古くから神聖な「水の森」として敬いました。

 

こちらの滝周辺は元々修験者の修行地で、また朝廷の雨乞いを司る祈祷所だったとの事です。湧き出た水が流れる川の石が赤いのは1年を通して水温が一定の為、珍しい紅藻類の一種ヒルデンブリンチアリブラリスが繁殖している為です。冬は暖かく「湯気が立ち上がり」夏はこの冷水に瓜をつけると「割れる程に冷たい」と言われ、瓜割の名はそんな伝承に由来しております。

 

「瓜割の滝」から湧き出る瓜割の名水は、幾重もの地層が自然のフィルターとなり長い歳月をかけて、ろ過した純度の高いミネラル成分が溶け込んだ水となっており、多くの人々に愛飲され親しまれてきました。保存可能期間については名水百選の中でも、トップクラスにランクされておりますよ。

 

uriwarinotaki

(写真はGoogle画像検索より)

 

【名水百選!瓜割の滝】

 

◇所在場所    福井県三方上中郡若狭町天徳寺38-3(若狭瓜割名水公園:瓜割の滝)

◇名水認定    昭和60年:名水百選、平成8年:水の郷、平成18年:福井の美味しい水

◇利用時間    滝はいつでも見学可能で入園は自由(無料)

◇料金詳細    瓜割の水を持ち帰る際は清掃協力費が必要(@300円)

◇問合わせ    0770-62-0186(名水の里)

 

瓜割の滝の周辺に広がる森は木の間から光が差し込み、岩には苔が群生する幻想的な光景が広がります。庭園内には、1万株もの紫陽花・桜・紅葉などが植えられており、四季折々の景色を見せてくれますよ。福井県内でも有名な、清らかな空気とマイナスイオンを感じる事の出来るスポット、瓜割の滝で、心も体も澄み切った爽やかな気分になってみませんか?

 

福井県の若狭瓜割名水公園「瓜割の滝」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)より

お車で約20分の場所でございます。

 

uriwari

(写真はGoogle画像検索より)

 

意外とハマる?チリメンジャコの中に何かいるよ!福井県海浜自然センターで若狭のチリモンGETだゼ♪

2017-02-09

【身近にいる海のモンスター】

 

チリメンジャコの中に、ナニか変なモノがいるよ、タコ・貝・カニ・竜の落とし子みたいなヤツもいる、コレって何なの?

 

うん、それらはね、いわゆる「チリモン」と呼ばれるヤツだね!

 

チリモンとは、チリメンモンスター略した言葉で、チリメンジャコの中に入っている小さな生き物たちの事。チリモンには、色んな魚の子供・タコやイカ・貝の仲間・エビやカニ・クラゲやヒトデ等、沢山の種類があるのさ♪

 

tirimon1

(写真はGoogle画像検索より)

 

【チリメンモンスターとは?】

 

ご飯のお供として昔から日本に馴染みのある「ちりめんじゃこ」はイワシ類の稚魚を天日干しした食品ですが、製造工程では様々な海洋生物が混じっており、これらが「チリメンモンスター(チリモン)」と呼ばれておりマス。

 

「ちりめんじゃこ」は目の細かい網ですくった魚が原材料の為、近くにいたタコやカニや色んな魚の稚魚も一緒に網にかかってしまいます。なので、製品にする過程で中に混じった他の生き物を機械や手作業で取り分けているそうデス。

 

最後は人の手がピンセットで一つひとつ取り除き、やっと、あのキレイな「ちりめんじゃこ」となります。かなり手間ですよね。ちりめんじゃこ業者にとっては、困ったモンスターでしかありません。でもですね、そのモンスター達が一転、お宝となり得たのが、今回ご紹介させて頂いた「チリモン」なのです。

 

tirimon2

(写真はGoogle画像検索より)

 

【体験講座!チリメンモンスターを探せ】

 

福井県海浜自然センターにてチリモンを探します。

やってみると意外にハマりますよ!

チリメンジャコの中にいる若狭チリモンGETだゼ♪

 

◇日時 平成29年2月19日(日)AM10時~PM12時(受付はAM9:30から)

◇場所 福井県三方上中郡若狭町世久見18-2(食見海岸)

◇電話 0770-46-1101(福井県海浜自然センター)

◇対象 どなたでもOK(小学生以下は保護者同伴となります)

◇詳細 定員40名・参加料200円(持ち物は無しで大丈夫です)

 

福井県海浜自然センターさんは

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)より

お車で約30分の場所でございます。

 

tirimon.posuta3

(写真はGoogle画像検索より)

 

アイハブアうどん、アイハブアそば、んー、うそば♪

2017-01-24

【うどんとそばの嘘みたいな融合、表はうどん裏はそば】

 

福井県は若狭美浜町の金山地区にある麺房かなめさんには、知る人ぞ知る我が町の名物がございます。その名は「うそば」です!ツートンカラー白と黒の色合いと、麺の喉ごしと味わいが特徴的で、このお店のご主人が開発し評判となりました。表と裏にうどんとそばが1本化した一品ですよ♪

 

ほのかなそばの香りも楽しめる「うどん」として、ツルツルとした喉ごしのざる「そば」として、うどんそばの両個性が絶妙な食感を生み出します。そば粉は、福井産のそば粉を100%使用しております。釜揚げになるとそれぞれの個性の角が取れモチモチとまろやかな味わいとなります。

 

うそばが出来たのは、実家が製麺業であった三代目店主が製麺業を営んでいる中、ふと、何か珍しいモノをと思い、うどんとそばをくっつけてみた、というのが始まりとの事デス。昭和61年に、うそばは誕生しました。当初からの試行錯誤の連続で、今日のうそばがございます。手間暇を怠らず、製造工程の大半は手作業なので大量生産は出来ませんが、我が子の様に手をかけておりマス。

 

usoba

(写真はGoogle画像検索より)

 

【お食事処:麺房かなめ、販売店:ワカサ商事、美浜名物うそば】

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お食事処     麺房かなめ

所在地      福井県三方郡美浜町金山24―15―1

営業時間     AM10時~PM17時

定休日      毎週水曜日

問い合わせ    0770-32-1648

交通アクセス   北陸本線JR美浜駅よりお車で約10分

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

販売店      ワカサ商事(株)

所在地      福井県三方郡美浜町久々子62―7―2

営業時間     AM10時~PM17時

定休日      第2土曜日・祝祭日

問い合わせ    0770-32-0178

交通アクセス   北陸本線JR美浜駅よりお車で約5分

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北陸福井県は若狭美浜町にある

「麺房かなめ」さんと「ワカサ商事」さんは

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)より

お車で約5分の場所でございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

kaname

(写真はGoogle画像検索より)

 

【うどんとそばの一体麺、仲の良い味二重丸】

 

うどんとそばが表裏一体となり、片方が白く反対側が黒い、見た目にもおもしろい不思議な麺。両方の香りと食感を楽しめるとあって、ファンも多いみたいですね。

 

こちらの名物うそばは、テレビ朝日さんの「いきなり!黄金伝説」の全国ご当地マル珍グルメ50で紹介され、読売テレビさんの「秘密のケンミンSHOW」でも紹介された逸品ですよ。

 

スタンダードな「うそば」の他にも、そば粉に梅干しや紫蘇を練りこんだ「梅うそば」や抹茶粉を練りこんだ「抹茶うそば」と3種類の食べ比べもお楽しみいただけます。そんな美浜名物うそばを、是非一度、御賞味くださいませ。

 

usoba3

(写真はGoogle画像検索より)

 

冬山を堪能する企画「美浜冬まつりin新庄」渓流の里にて開催!

2017-01-21

【福井県は若狭の冬山、毎年恒例のイベント】

 

美浜町新庄のご当地キャラ「モミじん」からの挑戦状が再び届いた!昨年の冬まつりで大好評だったイベント「謎解きウォークラリー~モミじんからの挑戦状~」がパワーアップして帰ってくる。モミじんからのクイズを解き、豪華商品をゲットできる、のか?

 

モミじんとは・・・美浜町新庄の山(日本一の入会林)の神様で、年齢は永遠の2歳(人間年齢10歳)です。趣味は祭りめぐりで、特技は和太鼓とイタズラとの事。普段は山の中に住んでいて、笑顔が集まる場所を見つけて山から下りてくる・・・美浜町新庄地区のPRをしている公認のキャラクターです。

 

さて、そんなモミじんは、今年も頑張りマス!昨年に引き続き、福井県は美浜町の渓流の里にて「美浜冬まつりin新庄」が開催デス。冬山を堪能できる企画(謎解きウォークラリー・BIGソリすべり台・雪上バギー等)が満載、更に冬の渓流釣りも可能で、釣った魚は会場で焼いて食べられますよ♪

 

momijin

(写真はGoogle画像検索より)

 

【第6回美浜冬まつりin新庄】

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■開催日程

平成29年1月29日(日)AM10:00~PM15:00予定

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■開催場所

福井県三方郡美浜町新庄286−5−1(渓流の里)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■スケジュール

AM10:00~

冬まつりステージイベント(オープニング)

AM10:30~

モミじんからの挑戦状(謎解きゲーム等)

PM12:30~

新庄和太鼓山族(鼓打舞ステージ)

PM13:00~

美浜冬まつり恒例(大好評お菓子まき)

PM14:00~

みはま餅っこ隊(おもちの無料振舞い)

PM14:30~

フィナーレ&表彰式(豪華景品プレゼント)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■アトラクション

BIGソリすべり台、雪上バギー、バナナボート、渓流釣り

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■交通アクセス

北陸本線JR小浜線美浜駅より、お車で約15分

舞鶴若狭自動車道美浜ICより、お車で約20分

(当日は美浜町役場よりシャトルバスを運行します)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■お問合わせ先

実行委員長(足立)090-9181-1226

(平日のお電話は18時~21時の間でお願いします)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

fuyumaturi1

(写真はGoogle画像検索より)

 

【主催・共催・後援・協賛一覧】

 

[主催]美浜新庄冬まつり実行委員会[共催]渓流の里[後援]新庄区・美浜町・美浜町教育委員会[協賛]岩井テント・清水工業㈱美浜営業所・シンコウ建設㈱・㈱武田組・㈱知場プラント・ニチアス㈱美浜事業所・岩谷産業㈱・いちなな会・海のホテルひろせ(ひろせ旅館)・㈲エーダイ開発・㈲大同電工・オーイング・オートモービル山岡・㈱カナエ・㈱カモコン・㈱カワムラモータース・北山工業㈱・喫茶パイン・㈱きんでん・栗田工業㈱・㈱クリハラント・小嶋工業㈲・㈲耕雲商事・沢井石油・三幸金属㈱・なおき商會・㈱西方・ジャパンロード・ジュエリー・新菱冷熱工業㈱・JA敦賀美浜・SNACKレンガ・スナック沙和・セリーヌ・高木屋・太平電業㈱・大洋自動車工業㈱・大洋潜水工事㈱・武田建設㈱・東亜バルブエンジニアリング㈱・千鳥苑・浪路・肉のたかだ・日本電測機㈱・㈱ニュークリアテクノロジー・ネオシーズ㈱・ノエビア福井南販社・㈲藤本工務店・ほんの間・松原園㈱・美浜イースターズ・美方ボーイズ・岬工業㈱美浜事業所・㈲美浜モーターサービスセンター・メガネのスカイ・メルセデスジャパン㈱敦賀営業所・㈲モリシタ・㈱守谷商会・柳田産業㈱・山内酒店・㈲嶺南電設・若狭技研工業㈱・福井ヤナセ展示会in美浜冬まつり(同時開催決定)

 

皆様は、冬の遊び「雪遊び」を幾つ位、知っておりますか?自在に形を変えられる雪は、実は、遊びの「無敵素材」かも、知れませんよ!若狭の冬山が堪能できる「美浜冬まつりin新庄」で雪で思う存分、遊んでみませんか?お時間の合う方は、是非、ご家族やお仲間をお誘い合わせの上、ご参加下さいませ♪

 

福井県は若狭美浜町の新庄地区にある「渓流の里」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約20分の場所でございます。

 

fuyumatuiri3

(写真はGoogle画像検索より)

 

独特の珍味!全国的にも人気が高まっている注目の逸品♪福井県は美浜町のへしこ

2017-01-18

【お袋の味わかさ美浜の珍味へしこ】

 

古くから「へしこ」は、福井県は若狭地方において、越冬の保存食として重宝されてきた一品です。主に鯖(さば)に塩を振って糠漬けにしたモノがへしこと呼ばれますが、現在は、漬け込む魚の種類も鰯(いわし)や河豚(ふぐ)のへしこ等が加わり、若狭の特産品土産物として、福井県内外で親しまれております。

 

美浜町の特産品であり名物にもなっているへしこは、地域のスーパーなら普通に売ってますし、好きな人は漬物の様に自宅で作ったりもしております。若狭地方では今でも食卓に並ぶ本当の意味での「郷土料理」です。最もポピュラーな食べ方は、糠を軽く落としてから火であぶり、ごはんのお供として食しております。そして、お茶漬けや酒の肴にも合います。あと他にはお寿司のネタとしたり、パスタにあえたりもしておりますよ。

 

へしこ、その名前の由来については、漁師が魚を樽に漬け込むことを「へし込む」と言ったコトからへし込まれた物が略されて「へしこ」となったという説と、魚を塩漬けにする際に滲み出てくる水分の事を「干潮(ひしお)」と呼んだ事から、これが訛って「へしこ」になったという説などがございます。

 

hesiko1

(写真はGoogle画像検索より)

 

【美浜町のへしこが「へし子ちゃん」となった歴史】

 

2007年12月には「さばのへしこ」として、農村漁村の郷土料理百選の一つに選定されました。また地元の若狭美浜町には、ゆるキャラの「へし子ちゃん」が存在します。へしこちゃんは、この町のマスコットキャラクターです。みはま名産のへしこがモチーフとなっております。

 

2005年に福井県の美浜町が「へしこの町」を商標登録したのを切っ掛けに、翌2006年にキャラクターが製作されました。2009年、週刊誌SPA!(扶桑社)が誌上で行なった「ゆるキャラアワード2009」で、へし子ちゃんが全国から選ばれた約300体のキャラの中から見事グランプリに選ばれました。

 

当時、選考に携わった「みうらじゅん」さんには、近年のかわいいだけのゆるキャラにあってこのキャラには衝撃を受けた。ツッコミどころ満載だが、これこそ、ゆるキャラの真髄!と絶賛して頂きましたよ。尚、この受賞をきっかけに美浜町から「特別住民票」の発行を受けております。

 

heisko

(写真はGoogle画像検索より)

 

【へし子ちゃんのプロフィール】

 

福井県を代表するゆるキャラ「へし子ちゃん」の外見は、糠漬けになった鯖(さば)の頭が樽から飛び出した状態で、頭にリボンが付けられている事から、性別はメス。首には糠をイメージしたマフラー、唐辛子をイメージした赤い鉢巻と赤い法被を、羽織っておりまっす!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本名   美浜野(みはまの)へし子

誕生   1983年秋に父サバ男・母サバ子との間に生まれる

本籍   美浜町日向沖、約3kmの日本海は若狭湾

学歴   福井県美方高等学校卒(ボート部所属)

現職   美浜町観光振興課観光キャンペーンガール

彼氏   コシヒカリ糠男と約1年間交際中

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

人気番組にも取り上げられました。「満天☆青空レストラン(4月18日)300回記念放送」宮川大輔さんとロッチのお二人が美浜町を訪れ、美浜町の伝統食材「へしこ」を紹介。「笑ってコラえて!(1月14日)新春SP放送」明石家さんまさんが、鯖のへしこが大好物だという所ジョージさんを「日本一のへしこ」でおもてなし!というテーマで放送されました。日本一のへしこを見つける為、明石家さんまさんが「へしこの町美浜町」を訪れ、町内の様々なへしこが紹介されましたよ♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(写真はGoogle画像検索より)

 

美浜町の観光の柱としてPRされている伝統の技法、へしこ。その歴史がかもし出す「癒し」や「スローカントリー」を

今後とも「へし子ちゃん」と共に、どうぞ宜しくお願い致します。

 

ちなみに、へし子ちゃんのグッズは「ぬいぐるみ・ストラップ・ピンバッジ・マグネットシート・住民票・六法焼」等がございます。JR美浜駅構内の観光協会にて販売しておりますので、美浜町にいらした際は、是非お立ち寄りくださいませ。

 

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)では

へしこ料理付の会席コース」もご提供させて頂いております。

 

約3000種もの動植物が生息する中池見湿地の生態系を守るザリガニバスターズ!

2017-01-16

【約3000種もの動植物が生息する中池見湿地】

 

福井県は若狭敦賀市にある「中池見湿地」は、三つの低山に囲まれた面積約25ヘクタールの内陸低湿地で、特有の植物が群落を作り、約3000種の動植物が生息しております。2012年には、ラムサール条約湿地に登録されました。

 

こちらの敷地内には「ウェットランドミュージアム」があり、中池見の古代の様子や中池見の生物について展示されております。四季折々、様々な植物や動物の表情が楽しめる場所でございます。

 

しかし、近年は「アメリカザリガニ」が繁殖し、水生昆虫や水草をどんどん捕食して、その生態系を脅かしており、その豊かな自然を守る為には、継続した外来ザリガニ退治が必要となっているとの事ですよ。

 

【皆で守ろう水辺の生態系!ザリガニバスターズ】

 

そんな中、こちらの中池見湿地では、外来ザリガニ退治に協力してくれる方を募集し「ザリガニバスターズ」を結成しております。冬の間、大きなザリガニは土に潜ってしまいますが、湧水など比較的水温の高い場所にいる小さなザリガニを狙って、すくい獲るそうです。

 

大人も子供も楽しめる企画として、定期的に開催されております。ちなみに、捕獲した外来ザリガニは「中池見水族館」で展示している生物の餌や堆肥として活用しているみたいですね。

 

子供の頃は、普通に田んぼや池にザリガニがいて、みんなで獲っておりました。そしてとったザリガニは教室で育てていたのを憶えております。でも死ぬとかなり臭いんですよね。夜とかに死んじゃうと朝はその強烈な臭いで、教室はパニックになってたなぁ。ザリガニ、懐かしいです。機会があれば、私も参加したいと思っておりますよ。

 

福井県の若狭敦賀市にある「中池見湿地」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約30分の場所でございます。

 

amerikazarigani

(写真はGoogle画像検索より)

 

福井の冬の風物詩「越前水仙」を愛でるイベント水仙まつり♪

2017-01-13

【水仙の香りに包まれた多彩な催し「水仙まつり」日本海の荒波の隣で可憐に咲く福井の花】

 

北陸は福井県、冬の越前海岸に咲き乱れる水仙の花には、日本海が持つ独得の厳格さと寛容さがございます。そんな偉大な荒波の隣で可憐に咲く水仙の花々を愛でる催しが「水仙まつり」です。

 

昨年御12月から始まった南越前町での「荒波フェスタ」を皮切りに、水仙の香りに包まれた多彩な催しが越前町や福井市で相次いでおります。冬の期間中、水仙群生地では、咲き誇る越前水仙を見るコトが可能です。

 

そして1月14・15日には、道の駅越前で「水仙カニフェア」も実施されます。こちらのイベントでは、水仙の無料配布・越前蟹の即売・干物の炭火焼等が行われます。

 

福井県の越前海岸一帯で毎年行われるこれら一連のイベントは、今後1月20~23日に「水仙いけ花展」が福井新聞社・風の森ゾーンで開催され(華道協会加盟10流派が清らかな生け花約70点を出品)他にも、南越前町の北前船の館・右近家、そして越前町の水仙ランドや越前陶芸村文化交流会館でも、水仙を生かした多彩な催しが予定されておりますよ。

 

福井県の嶺北地方にある「越前海岸一帯」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約1時間の場所でございます。

 

suisen2

(写真はGoogle画像検索より)

 

福井県美浜町は冬の風物詩「水中綱引き」漁村日向で行われる寒中伝統行事!

2017-01-10

【福井県美浜町は冬の風物詩「水中綱引き」漁村日向で行われる寒中伝統行事】

 

毎年1月の第3日曜日、こちら美浜町は日向(ひるが)地区の男に生まれたならば、真冬の運河にダイビングせねばならない掟がございます。寒風吹きすさぶ中、公衆の面前でパンツ一丁となり、橋の上から海に飛び込み、水中で直径30cm・長さ40mはある藁綱を、引き千切るまで陸には上がれません。しかも素手で。寒いのが苦手な私は、ホントやりたくないです。この時ばかりは、この日向の男でなくて良かったと思います。(;^ω^)

 

さて、福井県若狭の美浜町日向は、三方五湖の一つ日向湖と日本海若狭湾の間にあり、昔から漁業という自然からの恵みを頼りに生活を営んできました。それ故、古くからの慣習や伝統を重んじ、大切に守り受け継いでおります。水中綱引きは、そんな漁村ならではの伝統行事です。

 

水中綱引きの起源については、諸説ございますが、その中でも代表的なのは・・・昔々、運河に大蛇が出て川を塞いでしまい、舟が通れず村人達が困っていると、村の長老が「蛇は自分より大きいものを恐れるので、藁で大きな綱をこしらえて張り渡せば、恐れて近づかない」と助言し、その通りにしてみると、大蛇は現れなくなり村人は縁起の良いその綱を尊び、綱引きとして伝承された・・・というモノです。

 

【水中綱引きスケジュール(毎年1月第3日曜日)】

AM 05:00 ~ 稲荷大神で綱作り(約3時間)

AM 09:30 ~ 綱が出来しだい橋の欄干より投げ入れ、同時に大漁旗を取り付ける。

PM 12:00 ~ お新酒を頂き、村の代表者が宇波西神社へ行き、豊漁祈願の参拝。

PM 14:00 ~ 村の青年達が橋の欄干から飛び込み、東西に分れて綱を引き千切る。

PM 14:20 ~ どちらか一方が切れると綱を海の神に捧げる為、外海に流す。

 

一番盛り上がる村の若い衆が日向橋から運河に飛び込むのは、毎年14時頃となっております。大変混雑しますので、観覧に来られる方はお早めにお越し下さいませ。あと待っている間は寒いので、暖かい服装で参加してくださいね。橋の袂では婦人会が中心となって、暖かい鰤(ぶり)汁・焼物・にごり酒のバザー等も予定されておりますよ。(#^.^#)

 

福井県は若狭美浜町の「日向橋」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約10分の場所でございます。

 

tunahiki3

(写真はGoogle画像検索より)

 

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2010 永き伝統ある若狭「美浜温泉」ひろせ【公式】 All Rights Reserved.