1月, 2017年

国吉城の跡地にて戦国の山城の魅力を紹介する巡回展およびリレー講座が開催されます!

2017-01-16

【難攻不落!天下の堅城とよばれた若狭国佐柿国吉城】

 

福井県は美浜町の佐柿地区にある「若狭国吉城歴史資料館」は、平成21年春に開館しました。この資料館は、その昔、戦国時代の山城として越前朝倉氏を撃退し、織田・豊臣・徳川の三英傑を迎えた国吉城址と、その城下町として開かれた佐柿の歴史を紹介している資料館でございます。こちらでは、多くの歴史史料や模型や写真、解説パネル、映像などで国吉城と佐柿の450年の歴史を知る事が出来ます。そして1月22日(日)には、天下の堅城と呼ばれた難攻不落の「国吉城」の跡地にて城址見学会と歴史講座が開催されます。戦国の山城の魅力を紹介する巡回展およびリレー講座となりますよ。

 

【平成29年1月22日(日)AM10:30~PM15:00】

 

会場・・・若狭国吉城歴史資料館

内容・・・戦国時代の福井を紹介する巡回展およびリレー講座を戦国の山城の魅力と題して現地見学会及び歴史講座

講座・・・現地にて山城見学

~~~~~~~~~~~~~~~~

10:30 資料館集合

10:40 出発

12:30 下山・資料館到着

13:30 資料館での歴史講座

15:00 終了予定

~~~~~~~~~~~~~~~~

山城跡に登ります。

雨・雪天の場合は中止です。

歩きやすい服装でご参加ください。

 

☆その詳細はこちら☞http://www.wakasamihama.jp/m_event/event1.html#22

 

福井県の若狭美浜町の佐柿地区にある「若狭国吉城歴史資料館」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約10分の場所でございます。

 

siro1

(写真はGoogle画像検索より)

 

約3000種もの動植物が生息する中池見湿地の生態系を守るザリガニバスターズ!

2017-01-16

【約3000種もの動植物が生息する中池見湿地】

 

福井県は若狭敦賀市にある「中池見湿地」は、三つの低山に囲まれた面積約25ヘクタールの内陸低湿地で、特有の植物が群落を作り、約3000種の動植物が生息しております。2012年には、ラムサール条約湿地に登録されました。

 

こちらの敷地内には「ウェットランドミュージアム」があり、中池見の古代の様子や中池見の生物について展示されております。四季折々、様々な植物や動物の表情が楽しめる場所でございます。

 

しかし、近年は「アメリカザリガニ」が繁殖し、水生昆虫や水草をどんどん捕食して、その生態系を脅かしており、その豊かな自然を守る為には、継続した外来ザリガニ退治が必要となっているとの事ですよ。

 

【皆で守ろう水辺の生態系!ザリガニバスターズ】

 

そんな中、こちらの中池見湿地では、外来ザリガニ退治に協力してくれる方を募集し「ザリガニバスターズ」を結成しております。冬の間、大きなザリガニは土に潜ってしまいますが、湧水など比較的水温の高い場所にいる小さなザリガニを狙って、すくい獲るそうです。

 

大人も子供も楽しめる企画として、定期的に開催されております。ちなみに、捕獲した外来ザリガニは「中池見水族館」で展示している生物の餌や堆肥として活用しているみたいですね。

 

子供の頃は、普通に田んぼや池にザリガニがいて、みんなで獲っておりました。そしてとったザリガニは教室で育てていたのを憶えております。でも死ぬとかなり臭いんですよね。夜とかに死んじゃうと朝はその強烈な臭いで、教室はパニックになってたなぁ。ザリガニ、懐かしいです。機会があれば、私も参加したいと思っておりますよ。

 

福井県の若狭敦賀市にある「中池見湿地」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約30分の場所でございます。

 

amerikazarigani

(写真はGoogle画像検索より)

 

福井県は若狭で行われる落語イベントをご紹介します♪

2017-01-14

【落語の魅力を全国に向けて発信する若狭の地】

 

福井県は若狭小浜市を舞台にNHK朝の連続TVドラマ小説「ちりとてちん」が放送されてから、小浜市まちの駅「旭座」を中心に、落語(寄席)が公演されております。そしてこの1月末は落語イベントがなんと3連続で催されますよ☟

 

◎2017年1月20日(金)PM13:30~林家笑丸「楽しい落語会」◎

ちりとて落語の会主催の林家笑丸による楽しい落語会が開催されます。こちらのイベントでは落語は勿論、紙きりやウクレレ等も行います【会場】小浜市まちの駅旭座【料金】1000円【出演】林家笑丸

 

◎2017年1月22日(日)PM14時~第5回「旭座ちりとて寄席」◎

ちりとて落語の会主催による寄席が小浜市まちの駅旭座にて開催されます。【会場】小浜市まちの駅旭座【料金】2000円(自由席)【出演】林家染吉・笑福亭生寿・桂福丸(おばま発の落語ユニット「染寿丸」は上方落語会の期待のホープです)三味線:はやしや香穂

 

◎2017年1月29日(日)PM14時~第2回「旭座上方落語会」◎

小浜市と上方落語協会との連携による落語会が開催されます。【会場】小浜市まちの駅旭座【料金】2000円(自由席)【出演】笑福亭三喬・桂米紫・笑福亭松五・林家愛染・三味線:中田まなみ

 

☆上記一連のイベント詳細はこちら☞https://www.obama-machinoeki.net/event.php

 

福井県の若狭小浜市まちの駅「旭座」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約40分の場所でございます。

 

asahiza

(写真はGoogle画像検索より)

 

福井の冬の風物詩「越前水仙」を愛でるイベント水仙まつり♪

2017-01-13

【水仙の香りに包まれた多彩な催し「水仙まつり」日本海の荒波の隣で可憐に咲く福井の花】

 

北陸は福井県、冬の越前海岸に咲き乱れる水仙の花には、日本海が持つ独得の厳格さと寛容さがございます。そんな偉大な荒波の隣で可憐に咲く水仙の花々を愛でる催しが「水仙まつり」です。

 

昨年御12月から始まった南越前町での「荒波フェスタ」を皮切りに、水仙の香りに包まれた多彩な催しが越前町や福井市で相次いでおります。冬の期間中、水仙群生地では、咲き誇る越前水仙を見るコトが可能です。

 

そして1月14・15日には、道の駅越前で「水仙カニフェア」も実施されます。こちらのイベントでは、水仙の無料配布・越前蟹の即売・干物の炭火焼等が行われます。

 

福井県の越前海岸一帯で毎年行われるこれら一連のイベントは、今後1月20~23日に「水仙いけ花展」が福井新聞社・風の森ゾーンで開催され(華道協会加盟10流派が清らかな生け花約70点を出品)他にも、南越前町の北前船の館・右近家、そして越前町の水仙ランドや越前陶芸村文化交流会館でも、水仙を生かした多彩な催しが予定されておりますよ。

 

福井県の嶺北地方にある「越前海岸一帯」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約1時間の場所でございます。

 

suisen2

(写真はGoogle画像検索より)

 

陰陽師、安倍晴明ゆかりの地で毎月恒例の「朝市」が行われます!

2017-01-13

【毎月第3日曜日は恒例の清明の朝市】

 

福井県は若狭敦賀市の博物館通りでは、陰陽師「安倍晴明」ゆかりの地で月1回、第3日曜日(AM8:30~予定)に開かれている「朝市」がございます。

 

それ名も「晴明の朝市」!

 

毎月恒例となっている、こちらの「朝市」では、地元農家からの産直品や食の宝庫ならではの名産品、新鮮野菜や惣菜等、様々なお店が通りに立ち並び、近くには晴明神社、山車会館と見ドコロも豊富です。更に当日は(1月15日)みなとつるが山車会館 & 紙わらべ資料館が「無料」で開館されておりますよ♪

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2017年1月15日(毎月第3日曜日)午前8時30分から

福井県敦賀市相生町「清明神社」博物館通りにて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

☆その詳細はこちら☞http://www.turuga.org/places/sasaichi/sasaichi.html

 

福井県は若狭敦賀市の「博物館通り」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約30分の場所でございます。

 

asaiti

(写真はGoogle画像検索より)

 

福井県美浜町は冬の風物詩「水中綱引き」漁村日向で行われる寒中伝統行事!

2017-01-10

【福井県美浜町は冬の風物詩「水中綱引き」漁村日向で行われる寒中伝統行事】

 

毎年1月の第3日曜日、こちら美浜町は日向(ひるが)地区の男に生まれたならば、真冬の運河にダイビングせねばならない掟がございます。寒風吹きすさぶ中、公衆の面前でパンツ一丁となり、橋の上から海に飛び込み、水中で直径30cm・長さ40mはある藁綱を、引き千切るまで陸には上がれません。しかも素手で。寒いのが苦手な私は、ホントやりたくないです。この時ばかりは、この日向の男でなくて良かったと思います。(;^ω^)

 

さて、福井県若狭の美浜町日向は、三方五湖の一つ日向湖と日本海若狭湾の間にあり、昔から漁業という自然からの恵みを頼りに生活を営んできました。それ故、古くからの慣習や伝統を重んじ、大切に守り受け継いでおります。水中綱引きは、そんな漁村ならではの伝統行事です。

 

水中綱引きの起源については、諸説ございますが、その中でも代表的なのは・・・昔々、運河に大蛇が出て川を塞いでしまい、舟が通れず村人達が困っていると、村の長老が「蛇は自分より大きいものを恐れるので、藁で大きな綱をこしらえて張り渡せば、恐れて近づかない」と助言し、その通りにしてみると、大蛇は現れなくなり村人は縁起の良いその綱を尊び、綱引きとして伝承された・・・というモノです。

 

【水中綱引きスケジュール(毎年1月第3日曜日)】

AM 05:00 ~ 稲荷大神で綱作り(約3時間)

AM 09:30 ~ 綱が出来しだい橋の欄干より投げ入れ、同時に大漁旗を取り付ける。

PM 12:00 ~ お新酒を頂き、村の代表者が宇波西神社へ行き、豊漁祈願の参拝。

PM 14:00 ~ 村の青年達が橋の欄干から飛び込み、東西に分れて綱を引き千切る。

PM 14:20 ~ どちらか一方が切れると綱を海の神に捧げる為、外海に流す。

 

一番盛り上がる村の若い衆が日向橋から運河に飛び込むのは、毎年14時頃となっております。大変混雑しますので、観覧に来られる方はお早めにお越し下さいませ。あと待っている間は寒いので、暖かい服装で参加してくださいね。橋の袂では婦人会が中心となって、暖かい鰤(ぶり)汁・焼物・にごり酒のバザー等も予定されておりますよ。(#^.^#)

 

福井県は若狭美浜町の「日向橋」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約10分の場所でございます。

 

tunahiki3

(写真はGoogle画像検索より)

 

チョークアートの世界へようこそ♪福井県は敦賀市在住「石丸智恵氏」の個展が開催されます!

2017-01-09

【Welcome to the world of Chalk Art ~チョークアートの世界へようこそ~】

 

福井県は若狭敦賀市の本町「げんでんふれあいギャラリー」にてArt Board Creation SOPHIAの代表を務める敦賀市在住のチョークアーティスト「石丸智恵氏」の個展が1月10日~1月15日まで開催。展示内容はチョークアートの原画をはじめ、チョークアートに関する説明や画材等の紹介、過去にオーダーを受けた30点もの作品画像。

 

オイルパステルの鮮やかな色と美しいグラデーションが特徴のチョークアート!日本では、あたらしい分野の「アート」として注目されつつあるそうです。可愛い・かっこいい・美味しそう・そんな作品が多数展示され、新作や未発表作、更に使用画材の紹介等も予定されておりますよ♪

 

☆その詳細はこちら☞http://www.japc.co.jp/event/tsuruga/fureai.html

 

福井県は若狭敦賀市にある「げんでんふれあいギャラリー」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約30分の場所でございます。

 

art2

(写真はGoogle画像検索より)

 

わざと外す事が良しとされる神事?福井県は若狭美浜町の弓打ち講!

2017-01-08

【ヤリマシトの掛け声と共に矢を放つ弓打ち講】

 

福井県は若狭美浜町の「新庄」は、美浜町の役場前を東に向かった南北に流れる耳川の上流にあり、深緑の山・澄んだ水・溢れる太陽・そんな自然の美しさと新鮮な空気に包まれ、日常を忘れてのんびりと過ごす事が出来る場所です。

 

そんな新庄の寄積地区にある八幡神社では、毎年1月9日AM8:30から「弓打ち講」という恒例の行事が行われております。曲がった弓矢を準備してわざと外す事が良しとされる、ちょっとユニークな神事です。

 

威勢の良い「ヤリマシト」の掛け声と共に始まる弓打ち講は、まず最初に1人2本ずつ打つ場所と矢を交代しながら3回、大空に向けて矢を放ち、一年の豊作を祈願します。そして最後に矢ひろい役が4本の矢を握って的に突き刺し、神事の締めくくりとなります。

 

ちなみに、ヤリマシトは「やるぞ」という意味とされ、矢が的に当たると良すぎて悪い、と忌み嫌われる事から、曲がった弓矢を準備してわざと外す事になっておりますよ。

 

福井県は美浜町新庄の寄積地区にある「八幡神社」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約20分の場所でございます。

 

yumiutikou1

(写真はGoogle画像検索より)

 

福井県は若狭で催される新成人イベントをご紹介します♪

2017-01-07

【ようこそ大人の世界へ!若狭の新成人イベント】

 

1月8日(日)敦賀の芸人T2が新成人のお祝いにBarjourneyに登場!漫才やMCの他、得点に応じて豪華景品が貰えるカラオケ大会も開催。入場は無料でどなたでも参加が可能ですよ♪(新成人以外もOK)

 

☆詳細はこちら☞https://owarai-t2.jimdo.com/出演情報/

 

福井県は若狭敦賀市にある「Barjourney」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約30分の場所でございます。

 

c07jgbfuoaat6mo

(写真はGoogle画像検索より)

 

キツネを狩ろう♪という言葉から「カイロ講」と呼ばれた福井県は美浜町の民俗行事!

2017-01-03

【戸祝と祈りが習合混淆されたカイロ講】

 

「キツネを狩ろう」という言葉から生まれた民俗行事が、福井県は若狭美浜の新庄地区にはございます。その名もカイロ講。毎年1月6日の午後から新庄地区の小学生が各家庭をまわり新年の祝いの言葉を述べる「戸祝」と合わせ、豊作物を荒らすキツネを退散させる「祈り」をふれまわりますよ。

 

「戸祝」と「祈り」の唄

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今年の年は 目出度い年で 瀬戸には 瀬戸倉 門には 門倉 中には不動の 宝倉

ますます はんじょう しまする ように カ~イロ カイロの~ カ~イロ カイロの~

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

(巡回予定はPM13:30から)

 

福井県は美浜町の「カイロ講」本来は数々の災厄をもたらすとされた悪獣の狐を、村境へと追放する悪魔払いと除災の行事である「キツネガリ」だったそうです。しかし、同日夜に行われていた家内安全・五穀豊穣を祈った「戸祝」といつしか習合混淆されました。そして現在ではその戸祝も、キツネガリ(カイロ講、ガリアイ)も同様の行事となっております。新庄地区では毎年1月6日夜(現在は昼)字ごとに男子(現在では女の子も)が全戸を回って、餅やお年玉を貰っております。

 

福井県は若狭美浜町の「新庄地区」は

美浜温泉海のホテルひろせ(ひろせ旅館)よりお車で約20分の場所でございます。

 

c1je72zuuaag3yv

(写真はGoogle画像検索より)

 

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2010 永き伝統ある若狭「美浜温泉」ひろせ【公式】 All Rights Reserved.