福井JA梅の里会館隣の若狭町梅加工体験施設にて梅もぎ&梅ジャムつくり体験♪

2017-06-08

【福井で梅もぎ&梅ジャムつくり体験】

 

梅の収穫シーズン到来!福井県の若狭地方ではこのシーズンに青梅狩りや梅料理作りの体験が可能デス。6月25日に三方五湖畔の若狭町梅加工体験施設で「福井梅」を収穫体験するイベントが開催されマス!

 

JA梅の里会館隣の若狭町梅加工体験施設で行われる「梅もぎ&梅ジャム体験」は、とれたての梅を地域おこし協力隊の伏見さんを講師に、梅ジャム作りの体験をお楽しみいただけますよ。

 

当日は梅畑で収穫を行い、その梅でジャム作りもします。その体験料は、大人@1000円・小学生以下@700円で、作った梅ジャム1人1瓶お土産付きとなっておりますので、お時間の合う方は是非ご参加くださいませ♪

 

umemogi3

(写真はGoogle画像検索より)

 

【ふるさとの味・福井梅について】

 

福井梅には3つの品種がございます。一つ、紅映(べにさし)は福井梅の主力品種で梅酒や梅干しなどいろんな加工に対応します。二つ、剣先(けんさき)は主に梅酒に適しています。三つ、新平太夫(しんへいだゆう)は梅干し専用の種類で生理障害の少ない品種になります。

 

現在「福井梅」といわれる梅は、天保年間に三方町伊良積に発祥したと伝えられております。その昔、伊良積の豪農、助太夫家と平太夫家の庭に埴栽されており、当時これを「助太夫梅・平太夫梅」と称していました。そして現在の「紅サシ」はこの助太夫梅と平太夫梅の混合種であり「剣先」は助太夫梅であるとの事ですよ。

 

また梅栽培が本格的に定着したのは明治15年前後からとされており、当時、伊良積の田辺市太夫氏や今井安左ェ門氏が積極的な普及推進にあたり村内一円に広げたと記されているみたいですね。

 

umemogi1

(写真はGoogle画像検索より)

 

【福井梅の加工学習体験in若狭町】

 

当日は講師の方に、梅干し作りを伝授していただけマス!あと梅ジャム・梅シロップ・梅干し作り等、様々な加工品にもチャンレンジ可能デス♪自分で作った梅製品の味は格別、作ったモノは勿論、お持ち帰りいただけますよ。

 

◇開催日程・・・平成29年6月25日(日)PM13:00~PM16:00

◇開催場所・・・福井県若狭町成出17-6-1JA梅の里会館隣(若狭町梅加工体験施設)

◇お問合せ・・・0770-62-2125(農業生産法人かみなか農楽舎)

 

☆その詳細はこちら☞ http://shizenjin.net/event/id_10106.html

福井県は若狭町の成出地区にある「若狭町梅加工体験施設」は

美浜温泉「海のホテルひろせ(ひろせ旅館)」よりお車で約15分の場所でございます。

 

umemogi2

(写真はGoogle画像検索より)

 

Copyright© 2010 永き伝統ある若狭「美浜温泉」ひろせ【公式】 All Rights Reserved.