福井県おおい町出身の作家「水上勉」が開設した若州一滴文庫で「五番町夕霧楼」竹人形文楽公演

2017-06-09

【水上勉が故郷に設けた総合文学館】

 

福井県おおい町出身の直木賞作家である故水上勉さん所縁の「若州一滴文庫」というスポットがございマス!こちらには水上さんが所蔵されていた本や、作品にまつわる資料の展示のほか、定期的に開催されている企画展も魅力のひとつデス♪

 

子供たちに本を読むことで人生や夢を拾ってほしいという水上氏の思いのもとに、蔵書の大部分は解放されています。また、建設に際しては、谷間に溶け込む佇まいの建物、人を包み込み、見る者の心に訴えかける空間をめざした材料や工法が選ばれております。

 

広い日本庭園に風情のある日本家屋の建物は水上氏の蔵書2万冊を収めた図書室、水上氏に関する資料を収めた本館、竹人形文楽劇場など四季折々の風景とともに水上勉の世界を体感できます。竹紙漉き体験などのワークショップも定期的に行われておりますよ。

 

ninngyou1

(写真はGoogle画像検索より)

 

【若州一滴文庫・竹人形文楽劇場】

 

「若州一滴文庫(じゃくしゅういってきぶんこ)」という名称は、おおい町大島出身の儀山善来(ぎざんぜんらい)和尚の「曹源一滴水(そうげんいってきのみず)」という思想に水上勉氏が感銘を受け付けられました。

 

貧しい少年時代を送った水上勉氏は「一滴の水も粗末にするな」という和尚の思想を受け継いでおり、水上勉氏の子供達に本と出会い人生や夢を拾ってほしいという強い思いが込められておりますよ。

 

そして、若州一滴文庫の敷地内にある竹林を背景にしたとても珍しい劇場「くるま椅子劇場」にて、毎年2回、若州人形座による竹人形文楽の定期公演が開催されております。独自の舞台美術、照明の中で繰り広げられる味わい深い竹人形文楽劇場は、感動的な世界を体験することが可能です。

 

ninngyou4

(写真はGoogle画像検索より)

 

【くるま椅子劇場・五番町夕霧楼】

 

そんな中、初夏の竹人形の公演が決定いたしました!演目は「五番町夕霧楼」デス。こちらは、水上さんの代表作として知られる同名の小説を原作としております。一滴文庫の「くるま椅子劇場」の持つ独特の雰囲気の中で行われる若州人形座の皆さんによる公演は、観る者を引き付ける魅力がございマス。是非一度、竹人形の独特な世界を楽しんでくださいませ♪

 

◇開催期間・・・平成29年6月24・25日(土・日)開演AM14時

◇開催場所・・・福井県大飯郡おおい町岡田33-2-1(若州一滴文庫)

◇お問合せ・・・0770-77-2445(若州一滴文庫)AM9時~PM17時

 

☆その詳細はこちら☞http://itteki.jp/event/4359.html

福井県は若狭おおい町の岡田地区にある「若州一滴文庫」は

美浜温泉「海のホテルひろせ(ひろせ旅館)」よりお車で約90分の場所でございます。

 

ninngyou2ninngyou3

(写真はGoogle画像検索より)

 

Copyright© 2010 永き伝統ある若狭「美浜温泉」ひろせ【公式】 All Rights Reserved.