若狭に春を告げる風物詩!東大寺に向け神事を行う神宮寺「お水送り」

2017-03-01

【東大寺に向け神事を行う神宮寺】

 

奈良東大寺・二月堂の「お水取り」に先だって、毎年3月2日に若狭神宮寺・鵜の瀬にて「お水送り」が行われます。聖なる水を清める松明行列は、若狭に春を告げる風物詩となります!

 

3月12日に奈良東大寺二月堂で行われる「お水取り」に先がけて、毎年3月2日に小浜市神宮寺で行われる「お水送り」は、奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な行事です。

 

神宮寺で汲まれた「お香水」は、松明行列とともに遠敷川沿いに約2km程上流の「鵜の瀬」まで運ばれます。

 

鵜の瀬で大護摩供が行われた後、住職が送水文を読み上げ、お香水は筒から遠敷川に注ぎ込まれます。お香水は10日間かけて、奈良東大寺二月堂の若狭井に届くと言われております。

 

午後7時からの約2kmの松明行列には、一般市民や観光客の皆さんも手松明を購入して参加する事が可能ですよ♪

 

◇開催場所・・・福井県小浜市神宮寺(鵜の瀬)

◇開催日程・・・3月2日(毎年)

◇観賞時間・・・神事11時~22時頃(松明行列は19:30~)

◇アクセス・・・舞鶴若狭自動車道小浜ICより車で約10分

◇問合わせ・・・0770-52-2082(若狭おばま観光案内所)

 

☆その詳細はこちら☞http://fukuinavi.jp/?p=197

 

福井県は若狭小浜市にある「神宮寺」は

美浜温泉「海のホテルひろせ(ひろせ旅館)」よりお車で約40分の場所でございます。

 

omizuokuri1

(写真はGoogle画像検索より)

 

Copyright© 2010 永き伝統ある若狭「美浜温泉」ひろせ【公式】 All Rights Reserved.